地域おこし協力隊って?

国が平成21年度から実施している制度で、人口減少や高齢化が進む地方が、都市部から若い人材を受け入れ、地域の活性化に貢献してもらいながら定住・定着に結びつける取り組みです。平成28年度は、全国863の自治体で4158人の協力隊員が活動し、愛媛県内でも約90人が活躍しています。

本市においても、特に過疎・高齢化が進む新宮地域や金砂・富郷地区の活性化の担い手となるべく、平成29年4月から4名の協力隊員の活動がスタートしました!新たな視点での地域の魅力の発見や、これまでの経験を生かした地域振興に取り組みます。

▲金砂・富郷地区

▲金砂・富郷地区

▲金砂・富郷地区

▲金砂・富郷地区

▲新宮地域

▲新宮地域

▲新宮地域

▲新宮地域

▲新宮地域

▲金砂・富郷地区