【動画更新】第11回書道パフォーマンス甲子園

まちの様子を動画でご紹介します!
四国中央市のイベント情報のコーナーを更新しました。
「第11回書道パフォーマンス甲子園」をご覧ください。
7月29日(日)、第11回書道パフォーマンス甲子園が開催されました。今回は、過去最多となる116校の中から、予選審査を通過した20校が参加する予定でしたが、台風の影響で、愛媛県立西条高校と新居浜西高校が欠場し、18校での開催となりました。毎年開催され、全国で知名度が上がっているこの大会では、各高校でテーマや伝えたい思いなど6分間の制限時間の中、縦4メートル・横6メートルの特大用紙を大胆に使い、チーム全員で力を合わせて書を書き上げます。どの高校も衣装や道具などにもこだわった演技を魅せ、会場を沸かせました。
そして、見事優勝したのは、昨年に引き続き、福岡県立八幡中央高校。レベルの高い戦いの中、南海放送賞も受賞し、連覇とW受賞という快挙に、部員達は涙を流しながら喜びを噛み締めていました。

そして、大会に出場することが叶わなかった、西条高校と新居浜西高校が、暴風警報等が解除されたため、急遽大会終了後演技する事が決まり、悔しい思いをバネにし、夢の舞台で、練習してきた成果を仲間達と思い切り披露しました。

結果は次の通りです。

優勝・南海放送賞  福岡県立八幡中央高等学校
準優勝      香川県立高松西高等学校
第3位       兵庫県立兵庫高等学校
審査員特別賞  長野県 松本蟻ヶ崎高等学校
紫舟賞     広島県立神辺旭高等学校
帆風成海賞   島根県立松江東高等学校

ぜひ、動画もクリックしてご覧ください。

こちらのページから動画をチェック